MENU

PIAPRO(芋屋の投稿)
NICONI COMMONS(芋屋の投稿)
  • TOP »
  • DOCUMENT »
  • 我が家のWindows7にVOCALOID1をインストールした手順

我が家のWindows7に
VOCALOID1をインストールした手順(1)

検索エンジンなどからここへ来られた方は、最初のページからお読みになることをお勧めします。

下準備…はちょっとだけ

ではでは、ここからは詳しく手順を説明します。

まず、Windows自体の特別な設定は特にいりませんが、
Windowsには管理者権限を持ったユーザーでログオンしてください。
※自分専用のPC(ログオンするユーザーが自分だけ)なら、既に管理者権限を持ったユーザーでログオンしているはずです。

あと、途中で2回PCを再起動するので、他のアプリの類は全部終了しておきましょう。

これから掲載する画面は、64ビット版Windows7 Professionalをインストールした直後の環境と同じ設定で表示させたものです。
環境設定をデフォルトから変えている人や、32ビット版のWindows7の場合、Professional以外のWindows7の場合は、若干見た目や表示が違うかもしれませんが、大きな差は無いと思いますので、適宜読み替えてください。

第1章 CD挿入~セットアップ開始まで

インストールを始める前に、セットアップのプログラムに設定をします。

まずはMEIKOまたはKAITOのCDをPCにセットします。今回はKAITOのCDを使いましたが、MEIKOも全く同じです。

1. CDの内容を表示する

WindowsがCDを認識すると、自動再生ウィンドウが自動的に開きます。
「フォルダーを開いてファイルを表示」(次の図で、赤枠で囲った部分)をクリックします。

図1-1:自動再生ウィンドウ
図1-1:自動再生ウィンドウ。赤枠部分をクリック

2. setup.exe のプロパティを表示する

「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックすると、今度はフォルダウィンドウが開いて、CDの中身を表示してくれます。

この中に「setup」というファイルがありますので、それを右クリックして、表示された右クリックメニューの「プロパティ」をクリックします。

図1-2:setupを右クリック→プロパティ
図1-2:setupを右クリック→「プロパティ」をクリック
(クリックすると別窓で全体画像が開きます)

3. 互換性タブを表示する

XPでもおなじみの、ファイルのプロパティ画面が開きます。

上の方に「互換性」タブがあるので、クリックします。

図1-3:「互換性」タブをクリック
図1-3:「互換性」タブをクリック
(クリックすると別窓で全体画像が開きます)

4. 互換性の設定をする

3ヶ所のチェックや選択肢を変えます。
変える場所は、図の赤枠で囲った部分です。

  1. 「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  2. 「互換モードでこのプログラムを実行する」の下にあるプルダウンをクリックして、「Windows 2000」を選択します。
  3. 「視覚テーマを無効にする」にチェックを入れます。

チェックや選択肢を設定したら、「OK」ボタンをクリックして、プロパティ画面を閉じます。

図1-4:互換性の設定
図1-4:赤枠部分を設定します
(クリックすると別窓で画像を開きます)

5. setup.exe の設定完了

プロパティ画面が閉じて、先程のCDの内容を表示するフォルダ画面に戻りました。

いよいよ、次回はセットアップを開始します。

セットアップの途中にも、デフォルトと違う設定をする場所が2ヶ所あるので、真似される方は気を引き締めていきましょう!(`・ω・´)

先頭ページに戻る